パンク修理

タイヤの側面の場合は駄目ですが
接地面ならパンク修理することが可能です。

画像


釘ネジを抜くとシューと空気が抜けてきました。

画像


一旦貫通させたあと、専用のパンク修理剤を埋め込みます。

画像


空気漏れがないことを確認し、はみ出ている部分をカットして
パンク修理完了です。

"パンク修理" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。