勉強の仕方がわからない


成績の低い生徒からこのような質問を受けることが多いです。
しかし、よく話を聞いてみると問題は勉強の仕方ではなく「単純な勉強量」であることがほとんどです。
やってもわからないから・・・部活で忙しいから・・・苦手科目だから・・・
と何かと理由をつけて勉強してない、机に座っているだけで全く量をこなせていない、という生徒がたくさんいます。
まずは効率や最適な勉強法を考える前に、とにかく量をこなしてください。
勉強量は時間ではなく、ワークを何ページこなした、教科書を何ページ分覚えた、などどれだけの量をこなしたかといことです。
それでうまく結果が出なければより効率のいい方法を考えればいいのです。
まずは最低限の勉強量をこなすこと、そのうえで、あまり結果が出ないときは先生に相談すると、より自分に合った学習ができると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント