セCSファイナル最終戦

終わって結果の出た試合のことで、物申したくないのですが・・・。

セ・リーグのCSファイナルステージ最終戦は、広島がDeNAを8-7で破って、日本シリーズ進出を決めました。
その試合では、広島が初回に6点を先取して、勝利につなげました。
と、ここまではよいのですが。
初回の広島の攻撃の際の、球審の判定がひどかったらしいです。
私もスポーツニュースを見ましたが、DeNAの今永投手の投げた明らかにストライクと思われる球をボールと判定していました。
そういうのが、何球もあったということです。
結果として今永投手は、フォアボールを出した後、仕方なしにストライクを取りにいった甘い球を痛打されるという、最悪のパターンにはまったようです。
思うに、ストライクとボールの判定もちゃんと出来ないような人が、プロ野球の審判をやってるなんて、まったくもって理解できません。
試合をやり直すことは出来ないでしょうが、あの球審には、なんらかの処分もしくはペナルティーが科されてしかるべきだと思います。
そうでないと、DeNAの選手、関係者、およびファン、特に今永投手がかわいそうで仕方ありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント